ああ,いいですよ,はい.
きになることというのは自分としては...自分としてはですね...やっぱり,あの,ちょっと,健康的でないというか...あの,筋肉とかそういうのがちょっとだめなんです...あ,まあ,引き締まってないというか,そういう面ですね.

예, 좋습니다, 예.
신경이 쓰인다는 것은 자신으로서... 자신으로서는 말입니다... 역시, 그, 저, 건강적이지 않다고 할까... 저, 근육이나 그런 것이 좀 열등합니다... 아, 말하자면, 꽉 째여 단단하지 않다고 할까, 그러한 면이군요.

顔のことにもどりますけど.ええと,目のほかにチャ-ムポイントと思うところないです?
う-ん,どうなんでしょうね.いやあ,あんまり,そんな大それたことは考えたことがないです.

얼굴로 돌아갑니다만, 음, 눈 외에 매력포인트라고 생각하는 곳 없습니까?
응, 어떨까요. 아니, 그다지, 그런 당치않은 일은 생각한 적이 없습니다.

じゃあ,誰かに目がいいって言われたことあります?
うん,それは何人かの人にあります.

그러면, 누군가에게 눈이 아름답다고 들은 적 있습니까?
응, 그것은 몇 사람인가에게 들었습니다.

他に言われたことないです? 目以外で.
他のことは...あまり言われたことはないです.

그외에 들은 적 없습니까? 눈 이외에.
다른 것은...그다지 들은 적 없습니다.

ええと,なんて言われました,その言われたときって.
目についてですか?
はい.

저어, 무엇이라고 들었습니까, 그 들었을 때.
눈에 대해서 입니까?
예.